fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

今日の稽古は、『弓八幡』の舞囃子の通しの稽古の4回目でした。

今日は、これも何回目かの指導ですが、神舞の前の両手を打ち合わせる箇所について、もっと緩急をつけるようにとの指導を受けました。

また、後シテの最初のについては、の稽古でもう一度稽古していただきました。

シテ「あら有難やもとよりも。人の国よりわが国。
   他の人よりはわが人と。誓いの末もあきらけき。
   真如実相の月弓の。八百万代に末までも。
   動かず絶えず君守る。高良の神とは.わが事なり。


また、5月29日(2010年5月29日の日記参照)の稽古に続いて『猩々』の最後の分も稽古していただきました。

今日の場面は、猩々が、高風に飲めども汲めども尽きることのない酒壺を与えて消えていく最後の場面でした。

シテ「有難や。御身心すなおなるにより。
   この壺に泉をたたえ。ただ今返えし。授くるなり。
   よも尽きじ。

地謡「よも尽きじ。万代までの竹の葉の酒。
   汲めども尽きず。飲めども変わらぬ秋の夜の盃。
   影も傾むく入江にかれ立つ.足もとはよろよろと。
   酔に伏したる枕の夢の。醒むると思えば泉はそのまま。
   尽きせぬ宿こそ。めでたけれ。



なお、第40回名古屋春栄会の演目の中、舞囃子の演目を紹介するページを名古屋春栄会のサイトに設けましたので、よろしければご覧ください。

』:http://www.syuneikai.net/midare.htm
初雪』:http://www.syuneikai.net/hatsuyuki.htm
是界』:http://www.syuneikai.net/zekai.htm
弓八幡』:http://www.syuneikai.net/yumiyawata.htm
鶴亀』:http://www.syuneikai.net/tsurukame.htm
高砂』:http://www.syuneikai.net/takasago.htm
経政』:http://www.syuneikai.net/tsunemasa.htm
』:http://www.syuneikai.net/tohru.htm



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -