fc2ブログ
2024 / 02
≪ 2024 / 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 / 03 ≫

今日の謡の稽古は、『猩々』でした。

今日のの稽古は『猩々』でした。
お正月の第39回名古屋春栄会仕舞地謡を勤めることになった際に一度稽古をしていただきました(2010年1月9日の日記参照)が、8月の第40回名古屋春栄会地謡を勤めることになったので、再度稽古を始めました。

今日は、高風が潯陽の江のほとりで猩々を待っていると、猩々が浮かび出で、酒を飲み、月下で舞興じる場面でした。

地謡「老いせぬや。老いせぬや。薬の名をも菊の水。
   盃も浮み出でて。友に逢うぞ嬉しき。
   また友に逢うぞ嬉しき。

シテ「御酒と聞く。
地謡「御酒と聞く。名もことわりや。秋風の。
シテ「吹けども吹けども。
地謡「さらに身には.寒むからじ。
シテ「ことわりや白菊の。
地謡「理や白菊の。着せ綿を温めて。酒をいざや汲まうよ。
シテ「まれ人もご覧ずらん。
地謡「月星は隈もなし。
シテ「所は潯陽の。
地謡「江の内の酒盛。
シテ「猩々舞を舞おうよ。
地謡「芦の葉の笛を吹き。波の鼓.どうと打ち。
シテ「声澄み渡る浦風の。
地謡「秋の調べや残るらん。

2度目というのに、うまく謡えなかった箇所が何箇所かありました。
本番までにはちゃんと謡えるようにしたいです。


弓八幡』の舞囃子の稽古は、今日から通しの稽古になりました。

シテ謡のリズムと強さについて、今日も指導を受けました。
また、神舞の元気よさを出すようにしないといけないとも言われました。

申合せまで、あと1か月ちょっとしかないので、少し焦り気味です。



【御稽古・・】
御師匠さまのご指導を受けていらっしゃるのですね。
きんくんさんは、プロでいらっしゃるのですか?
全くの趣味でいらっしゃるのですか?

猩々・・・前回の御稽古のブログ、覚えています。
何度習っても、又新しい発見がありますよね。

【始めまして『早苗様』へ】
『早苗様』へ

始めまして、九州在住で時々こちらのコメントにお邪魔している「You」と申します。

ブログの主?!『きんくん さん』にも、ほんの数回ですが実際にお目に掛かった事があります。
『きんくん さん』は、プロの能楽師ではありませんが、【舞囃子⇒四つ囃子方:(※お笛,小鼓,大鼓,太鼓)】を舞う事に加え、名古屋金春会や師匠の舞台で地謡方として、御活躍されていらっしゃる程の、とても熱心な御弟子さんです。

私自身、名古屋金春会で『地謡方』として、師匠の舞台にご出演していらっしゃる『きんくん さん』の姿を拝見させて頂きました。


☆…早苗様も、いつか御都合が出来ましたら、一度『きんくん さん』の舞台に出ていらっしゃるお姿を観る機会が出来ると良いですね!
【Re: 御稽古・・】
草笛さん、こんばんは。

返事が遅くなりました。

…が、ご質問にはYouさんがほとんど答えていただきました。
大体、そのとおりです。ただ、“とても熱心な御弟子さん”というのは、かなり褒めすぎです。

まあ、一度稽古したこともすぐ忘れてしまうため、二度目も新鮮な気持ちで稽古できるのですけど…。
【ありがとうございます】
Youさん、こんばんは。

レスの遅い私に代わり、草笛さんにお答えいただき、ありがとうございました。
私も、Youさんにまたお会いできる日を楽しみにしています。
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -