fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

名古屋市美術館の常設展示室は地下1階です。

一昨日、名古屋市美術館に行きました〔2009年10月12日(月)の日記参照〕。
名古屋市美術館では、「あいちトリエンナーレ2010プレイベント 放課後のはらっぱ櫃田伸也とその教え子たち-」[2009年8月22日(土)~10月18日(日)]が開催中でした。

名古屋市美術館200910_03
[2009年10月12日(月)撮影]

この展示は、愛知県美術館名古屋市美術館で開催され、名古屋から現代美術のトップランナーとして世界に羽ばたいていった櫃田伸也奈良美智杉戸洋を始めとするその教え子たち19名の作品を紹介するものとのことです。
名古屋市美術館のサイトの「放課後のはらっぱ櫃田伸也とその教え子たち-」のページ:http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2009/hitsuda/
※「放課後のはらっぱ櫃田伸也とその教え子たち-」の公式サイト:http://aichitriennale.jp/hitsuda/

名古屋市美術館の展示は、地下1階の常設展示室3で開催されており、展示作品は10点で入場無料です。
櫃田伸也の「あいまいな風景」が正面にに展示されていました。
※「あいまいな風景」(櫃田伸也):名古屋市美術館のサイトから

同じく地下1階の常設展示室1常設展示室2では、「名品コレクション展Ⅱ」[前期:2009年8月22日(土)~10月18日(日)]が開催中でした。

常設展示室1では、“コレクション解析学”、“エコール・ド・パリ:街を描く”、“メキシコ・ルネサンス:オロスコの芸術”、“現代の美術:現代の美術の表現性”の4つのテーマで展示されていました。
エコール・ド・パリ:街を描く”の展示の、荻須高徳の「サン・ドニ河岸」と三岸節子の「雷がくる」を久しぶりに見ることができました。

常設展示室2では、“中村正義とゆかりの作家”と題して、中村正義岸本清子らの作品が展示されていました。

あいちトリエンナーレ2010プレイベント 放課後のはらっぱ-櫃田伸也とその教え子たち-」の愛知県美術館での展示も、できれば見に行きたいと思っています。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -