fc2ブログ
2024 / 04
≪ 2024 / 03   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2024 / 05 ≫

今日は、河童忌です。

昭和2(1927)年7月24日未明、芥川龍之介は服毒自殺します。
遺書に有名な『僕の将来に対する唯ぼんやりした不安』という言葉を残しました。35歳でした。
自殺直前の芥川の厭世的な心境は、晩年の代表作「河童」などにも表現されており、芥川の命日はこの「河童」にちなみ、河童忌と言われています。

河童」は、一言で言うと“ある狂人が河童の世界を体験し、その体験を人間世界に戻って話す物語”です。

今日から、「河童」を紹介します。

河童』(芥川龍之介)

どうか Kappa と発音してください。



 これはある精神病院の患者、――第二十三号がだれにでもしゃべる話である。彼はもう三十を越しているであろう。が、一見したところはいかにも若々しい狂人である。彼の半生の経験は、――いや、そんなことはどうでもよい。彼はただじっと両膝をかかえ、時々窓の外へ目をやりながら、(鉄格子をはめた窓の外には枯れ葉さえ見えない樫の木が一本、雪曇りの空に枝を張っていた。)院長のS博士や僕を相手に長々とこの話をしゃべりつづけた。もっとも身ぶりはしなかったわけではない。彼はたとえば「驚いた」と言う時には急に顔をのけぞらせたりした。……
 僕はこういう彼の話をかなり正確に写したつもりである。もしまただれか僕の筆記に飽き足りない人があるとすれば、東京市外××村のS精神病院を尋ねてみるがよい。年よりも若い第二十三号はまず丁寧に頭を下げ、蒲団のない椅子を指さすであろう。それから憂鬱な微笑を浮かべ、静かにこの話を繰り返すであろう。最後に、――僕はこの話を終わった時の彼の顔色を覚えている。彼は最後に身を起こすが早いか、たちまち拳骨をふりまわしながら、だれにでもこう怒鳴りつけるであろう。――「出て行け! この悪党めが! 貴様も莫迦な、嫉妬深い、猥褻な、ずうずうしい、うぬぼれきった、残酷な、虫のいい動物なんだろう。出ていけ! この悪党めが!」





read more▼


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【Re: 芥川さん】
最後の“主人公(語り手)を狂人としたところに、芥川の心理状態と狂気の遺伝への恐れがあると思います。”という箇所について、『(主人公は)狂人ではないと私はおもいます。狂人にした。です。』というコメントをいただきました。

私もこの作品を最後まで読み、“主人公は河童の世界にいた間に河童の精神に同化したので、戻ってきた人間の世界で狂人扱いされているとも言えるわけです。…〔中略〕…芥川は、この作品の最後で読者に“はたして主人公は本当に狂人なのか”=“異なる価値観を持つ人を狂人と呼べるのか”という疑問を提示したように思えてなりません。”という結論に達しました。
※2010年9月16日の日記(http://kinkun.blog87.fc2.com/blog-date-20100916.html)参照

天才の悲劇を予感させる作品だと思います。

コメントありがとうございました。
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -