fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

名古屋市内の桜は、まだ三分咲き。

このところの冷え込みで、開花宣言〔2009年3月19日の日記参照〕から明日で10日ですが、名古屋市内のはまだ三分咲き程度です。
実家の近くの御幸山の街路樹のも、樹によってバラツキが見られるものの、三分から五分咲き程度でした。

御幸山の桜2009_01

御幸山の桜2009_02

の季節になると、思い出すが二つあります。
一つは、芭蕉

さまざまの こと思い出す 桜かな

という俳句で、もう一つは、

年年歳歳花相似〔年年歳歳花相似たり〕
歳歳年年人不同〔歳歳年年人同じからず〕


という漢詩の一節です。
これは、初唐の詩人・劉廷芝劉希夷〕の代表作『代悲白頭翁』の一節です。

4月1日付の人事異動でで5年間勤務した職場を異動することになったので、今年のは例年にも増して記憶に残りそうです。



read more▼


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -