fc2ブログ
2024 / 02
≪ 2024 / 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 / 03 ≫

またまた風邪……

また、風邪を引いてしまい(というか、ずっと風邪を引いているようでもあるので、風邪がひどくなってしまいが正しいのかもしれませんが…)、年末年始にひどくなるといけないので、医者に行って薬を貰ってきました。

風邪薬のせいか、やたら眠くなり、午後からはほとんど寝ていました。
静かな冬の夜は物思いにはぴったりかもしれませんが、病気のときは気分が落ち込んでしまいそうになります。
今日は、中原中也の『冬の夜』を紹介します。

冬の夜』(中原中也)

みなさん今夜は静かです
薬鑵の音がしてゐます
僕は女を想つてる
僕には女がないのです

それで苦労もないのです
えもいはれない弾力の
空気のやうな空想に
女を描いてみてゐるのです

えもいはれない弾力の
澄み亙つたる夜の沈黙
薬鑵の音を聞きながら
女を夢みてゐるのです

かくて夜は更け夜は深まつて
犬のみ覚めたる冬の夜は
影と煙草と僕と犬
えもいはれないカクテールです

   2

空気よりよいものはないのです
それも寒い夜の室内の空気よりもよいものはないのです
煙よりよいものはないのです
煙より 愉快なものもないのです
やがてはそれがお分りなのです
同感なさる時が 来るのです

空気よりよいものはないのです
寒い夜の痩せた年増女の手のやうな
その手の弾力のやうな やはらかい またかたい
かたいやうな その手の弾力のやうな
煙のやうな その女の情熱のやうな
炎えるやうな 消えるやうな

冬の夜の室内の 空気よりよいものはないのです



今では、我が家でも薬缶でお湯を沸かすことはなくなってしまったので、“薬缶の音”はしませんが、お湯の沸くときの音はいいもんですよね。
この詩を読んだ後、電気ポットでお湯を沸かしましたが、電気ポットでお湯の沸く音でも、気分の持ちようしだいで、結構いいものだと感じました。




この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -