FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2020 / 06 ≫

12月21日は“回文の日”だそうです。

1221の並び方が、回文と同じように前からも後からも同じ日に読めることから作られたとのことです。
日本記念日協会http://www.kinenbi.gr.jp/)によると、「上から読んでも下から読んでも同音になる回文俳句で詠む回文俳句を手がける宮崎二健氏が制定した日」とのことです。

回文といえば、「竹やぶ焼けた(たけやぶやけた)」や「私、負けましたわ(わたしまけましたわ)」が有名です。

日本回文文化は室町期に始まるといわれているそうで、江戸時代には七福神の宝船の絵と回文歌を刷り込んだ紙が売られており、正月の二日の夕暮れに「お宝、お宝、お宝」ととなえて、正月二日の晩、この紙を枕の下に敷いて寝ると良い初夢を見ることができ、その年に福をもたらすという風習があったとのことです。
この宝船の絵と一緒に書かれた回文歌が、

長き夜の遠の眠りの皆目覚め浪乗り船の音のよき哉

(ながきよのとおのねぶりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな)


です。
ただ、“遠の”では「とほの」が正しいので、“十の”が正しいという説もあるようです。

再び、風邪が悪化し、今日は一日寝ていました。
同じ寝るのでも、来年は良い初夢を見たいものです。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -