fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

今日の謡の稽古は『唐船』の4回目。

今日は、多少体調が回復したようだったので、稽古に出かけました。

の稽古は『唐船』の4回目で、今日の場面は、祖慶官人が、福岡・箱崎で、祖国に残してきた二人の息子、ソンシソイウに再開する場面です。

シテ「これは思いもよらぬ事を仰せ候ものかな。
   さてその船はいずくにござ候ぞ。

ワキ「さらばこなたへ来たり候え。船を見しょうずるにて候。
   あの沖にかかりたる船にて候。

シテ「げにこれは疑いもなき唐土に残し置きたる船にて候。
ワキ「さらば急ぎ兄弟の者に対面つかまつり候え。
シテ「いやこの体にては子ながらも余りに恥ずかしく候ほどに。
   対面は思いもよらず候。

ワキ「いやいや苦しからぬこと。急いで対面候え。
シテ「さらばひき繕うてたまわり候え。
〔物着〕
シテ「いかにあれなるは唐土に残しおきたる兄弟の者か。
ソンシ、ソイウ「さん候童われらはそんしそいうなり。
シテ「これはそも夢か夢ならば。
ソンシ、ソイウ「所は箱崎。
シテ「明けやせん。
地謡「春宵一刻その値。
   千金も何ならず.子ほどの宝よもあらじ。唐土は心なき。
   夷の国と聞きつるに。かほどの孝子ありけるよと。
   日本人も随喜せり。とうとや箱崎の神も納受.したもうか。


今日は、見学の方があり、その前での稽古だったので、少し緊張していまいました。



read more▼


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -