fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

名古屋市蓬左文庫の展示も面白かったです。

徳川美術館に隣接する名古屋市蓬左文庫では、展示室1で「妖怪絵本-もののけ・お化けの世界-」が、展示室2で「軍記物-歴史とものがたり-」が開催中です。

妖怪絵本-もののけ・お化けの世界-」では、『百鬼夜行絵巻』や『化物草子』の展示があり、子どもにもわかる解説もされています。夏休み向けの展示なのでしょうか。でも、私もその解説のおかげで理解が深まりました。

軍記物-歴史とものがたり-」では、軍記物語の書物の展示だけでなく、『平家物語』と『源平盛衰記』、『太平記』と『神皇正統記』などの内容を比較する解説がされていました。

また、「源氏千年紀『源氏物語の世界』」という展示もあり、建中寺名古屋市東区)蔵の『源氏物語図屏風』の展示がありました。
ここでの私のお気に入りは、『盆石 銘 夢の浮橋 伝後醍醐天皇所持』です。中国江蘇省江寧山の霊石だそうです。小さな品ですが宇宙の広がりを感じさせる一品でした。
※『盆石 銘 夢の浮橋 伝後醍醐天皇所持』(徳川美術館のサイト)



【夢の浮き橋】
夢の浮き橋は先月のNHK美の壺で紹介されていましたね。他の展示もおもしろそうなので、時間があれば行ってみたいです。
【源氏千年紀の展示】
鹿子さん、こんばんは。
NHKの美の壺で紹介されたことは知りませんでしたが、『夢の浮橋』は一見の価値がありますので、ぜひご覧ください。
なお、源氏千年紀の展示は、8月29日以降は、現在の建中寺所蔵の「源氏物語図屏風」から重要文化財「源氏物語(河内本)」に変わるとのことです。
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -