fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

今日は、藤村操が投身自殺した日です。

藤村操〔明治19年(1886年)~明治36年(1903年)〕は、北海道出身の旧制一高の学生で、明治36年5月22日に日光華厳の滝で、ミズナラの木に「巌頭之感」を書き残して自殺しました。
彼の自殺は、多くの学生、若者に影響を与え、後追い自殺が相次いだそうです。
また、華厳の滝自殺の名所と言われるようになったのは、この後ということです。

「巌頭之感」

悠々たる哉天壤、
遼々たる哉古今、
五尺の小躯を以て比大をはからむとす、
ホレーショの哲學竟に何等のオーソリチィーを價するものぞ、
萬有の真相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。
我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに至る。
既に巌頭に立つに及んで、
胸中何等の不安あるなし。
始めて知る、
大いなる悲觀は大いなる樂觀に一致するを。


この自殺は、当時、一高で藤村のクラスの英語の担当だった夏目漱石にも大きなショックを与えたと言われています。
漱石は、自殺の直前に、授業中、藤村を叱責していたため、自殺の原因は自分ではないかと思い悩み、神経衰弱になってしまいます。
漱石が、神経衰弱を和らげるために、翌明治37(1904)年の暮れに高浜虚子のすすめで書いた小説が、処女作「吾輩は猫である」です。

なお、自殺の原因は、この遺書から哲学的な悩みとされていましたが、自殺の数か月後に、本当の原因は失恋であったことが明らかになりました。

そのためかどうかはわかりませんが、漱石は「吾輩は猫である」の中でこのことに触れています。



read more▼


【やっと・・】
先日このブログを発見して、すっかりfanになり、この前ぜーんぶ読み終わりました、すっかり日課になりました。まだまだ日の浅いfanです。これからも楽しみにしています。
【今後もよろしくお願いします】
ゆいかさん、コメントありがとうございます。
思いついたこと、気になったことを、暇に任せて書き連ねているブログです。
今後ともよろしくお願いします。
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -