fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

今日は、雨水です。

今日の名古屋は、久しぶりに日中の最高気温が10℃を超え、暦どおり春の到来を感じさせる一日でした。
雨水は、二十四節気の一つで、雪が雨に変わり、氷が融けて水になるという意味とのことです。
天文学的には、太陽が天球上の黄経330度の点を通過する瞬間だそうで、今年は今日(2008年2月19日)の午後4時だそうです。

今日は、中原中也の『早春の風』を紹介します。

早春の風』(中原中也)

  けふ一日また金の風
 大きい風には銀の鈴
けふ一日また金の風

  女王の冠さながらに
 卓の前には腰を掛け
かびろき窓にむかひます

  外吹く風は金の風
 大きい風には銀の鈴
けふ一日また金の風

  枯草の音のかなしくて
 煙は空に身をすさび
日影たのしく身を嫋ぶ

  鳶色の土かをるれば
 物干竿は空に往き
登る坂道なごめども

  青き女の顎かと
 岡に梢のとげとげし
今日一日また金の風……


中也の詩には、忘れられないフレーズがいくつかありますが、この『大きい風には銀の鈴』もその一つです。静かな春の風に鈴の音が聞こえてくるようです。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -