fc2ブログ
2024 / 04
≪ 2024 / 03   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2024 / 05 ≫

今日は、七五三です。

ただし、最近では15日にこだわらず、11月中の土日や祝日にに神社や寺にお参りすることが多いようです。
七五三は、もともと子どもが3歳5歳7歳になったときに行われていた祝いの行事が一つになったものだそうです。

子ども3歳になったときに行われた儀式が髪置(かみおき)です。
昔は丸刈りにすると健康に役立つという言い伝えがあり、幼児の髪は剃っているのが普通でした。
子ども3歳になり、髪を伸ばし始めるのに当たり、白髪頭になるまで長生きするようにと言う祈りを込めて、白髪に見立てた綿帽子を子どもの頭に載せる髪置の儀式を行っていました。

男の子5歳になったときに行われた儀式が袴着(はかまぎ)です。
これは、男の子が初めて袴をはく儀式のことで、大人の正装である袴を着用することで、社会の一員となるという意味を持っていたようです。
人生でのさまざまな勝負に勝つようにとの願いを込めて、男の子に冠を着けさせて勝負の場の象徴である碁盤の上に載せ、四方の神を拝させたとのことです。

女の子7歳になったときに行われた儀式が帯解(おびとき)です。
これは、女の子が着る着物の付け帯(紐のようなもの)をはずして、大人と同じに帯を締める行事のことで、付け帯を解くので帯解というとのことです。

芥川龍之介の第6短編集『春服』の巻頭に、芥川龍之介の明治29年11月の袴着の祝いの写真が掲載されています。


春服_芥川龍之介



春服』には、「六の宮の姫君」、「トロッコ」、「おぎん」、「往生絵巻」、「神神の微笑」、「薮の中」などが収録されています。
その中から、今日と明日、「往生絵巻」を紹介します。


「往生絵巻」 (芥川龍之介) (前半)



read more▼


この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -