fc2ブログ
2024 / 02
≪ 2024 / 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 / 03 ≫

九年目の晩秋


が、9年目にようやく帰ってきます。
東国で妻を迎えていたですが、姫君のことを忘れてしまっていたわけではなかったようです。
男は鄙にゐる間も、二三度京の妻のもとへ、懇ろな消息をことづけてやつた。が、使が帰らなかつたり、幸ひ帰つて来たと思へば、姫君の屋形がわからなかつたり、一度も返事は手に入らなかつた。


『六の宮の姫君』(芥川龍之介)



男が京へ帰つたのは、丁度九年目の晩秋だつた。
男と常陸の妻の族と、――彼等は京へはひる途中、日がらの悪いのを避ける為に、三四日粟津に滞在した。
それから京へはひる時も、昼の人目に立たないやうに、わざと日の暮を選ぶ事にした。
男は鄙にゐる間も、二三度京の妻のもとへ、懇ろな消息をことづけてやつた。
が、使が帰らなかつたり、幸ひ帰つて来たと思へば、姫君の屋形がわからなかつたり、一度も返事は手に入らなかつた。
それだけに京へはひつたとなると、恋しさも亦一層だつた。
男は妻の父の屋形へ無事に妻を送りこむが早いか、旅仕度も解かずに六の宮へ行つた。




read more▼


この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -