fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

かぐや姫の昇天

夜は更けて午前0時頃、竹取のの家の周辺が、昼間の以上に明るさで光ります。満月の明るさを十倍にしたぐらいの明るさです。
大空から人が雲に乗って、降りてきて、地上から5尺(約165cm)程の上の空中に立ち並びます。
これを見て、家の内外にいる人々の戦う気分も萎えてしまいます。弓を構えて矢をつがえようとしても、手に力が入りません。そして、互いに顔を見合わせているだけです。
雲に乗っている天人たちは清らかで美しく、空飛ぶ車を1台が用意されており、薄絹を張った天蓋がさしかけてあります。
天人一行の中のと思われる人が、竹取のに、「かぐや姫は、罪を犯したので賤しいおまえの元にしばらくいたのだ。もう充分罪を償ったので、こうして迎えに来たのだ。早くかぐや姫を出しなさい。」と命じます。
竹取のは、「ここにいるかぐや姫は、風病を患い、腫れ物だらけになって、顔もみせられません。」と答えます。
らしき天人は、それに返事もせずに、屋根に空飛ぶ車を寄せ、
かぐや姫、禊の済んだ今、この穢れた地上にいつまでいるつもりなのです。」と誘います。
すると、厳重に締め切ったはずの戸が、即座に大きく開きます。
抱きかかえていたの手を優しく振り払って、かぐや姫が表へ出てきます。
そして、竹取のに近寄り、「せめて天に昇るところだけでも、お見送りください。」とささやきますが、は、「どうして、わしを見捨てて昇天するのか。」を泣き伏します。
かぐや姫の心も乱れ、泣きながら文を書きます。

この国に生まれたのなら、両親の最期を看取ってから娘の私が旅立つというように、長い間おそばにいるのが世の習いですが、そういうわけにもいかず、こうしてお別れすることはつらくてたまりません。私の体で温めたこの着物を脱ぎますから、どうか形見と思ってご覧下さい。月の輝く夜には、そこに住むう私を思って、眺めてください。あまりにも心残りなので、道中、空からでも落ちて地上へ舞い戻ってしまいそうな気分です。

天人の一人が箱を二つ、持ってきます。一つには「天の羽衣」が、もう一つには「不死の薬」が入っています。
かぐや姫は、名残惜しむかのように、ゆっくりと1枚ずつ着物を脱ぎます。
すると、天人は箱から「天の羽衣」を取り出して、かぐや姫に着せようとします。
かぐや姫は、「しばらく待て。」とその天人を制し、あての文をしたためます。

こんなに大勢の人々を派遣して、私を引きとめようとなさったお心が胸にしみます。しかし、迎えがやってまいり、私を連れて行ってしまうのは無念で悲しいことです。宮仕えしないままでいたのも、このような身の上だからです。帝のご好意を強情に突き返してしまったことで、無礼な者とお思いになり、そのままあなたの心に残ることだけが気がかりです。

今はとて 天の羽衣 きるおりぞ 君をあはれと 思ひいでける


この文に「不死の薬」を添えて、頭中将を呼び寄せて、に渡すように頼みます。
天人が、かぐや姫に「天の羽衣」を着せると、かぐや姫の、この世での記憶や感情が闇のなかに吸い込まれていき、あとにはまっさらな記憶と、平安な心だけが残ります。
かぐや姫と呼ばれた「天の羽衣」を着た天人は、憂い悩みこともなく、空飛ぶ車に乗って、100人ほどの天人を伴って、天に昇ってしまいます。

月から天人の一行がかぐや姫を迎えに来る場面が、「竹取物語絵巻」に描かれています。
『高島藩主諏訪家伝来 竹取物語絵巻 下巻 絵4』(諏訪市博物館蔵)




read more▼


この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -