fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

石作皇子への難題

石作皇子(いしつくりのみこ)に、かぐや姫が与えた難題は「仏の御石の鉢」。
仏の御石の鉢」は、天竺にあるという釈迦が終身重用した鉢のこと。
石作皇子は天竺へ行くと偽り、3年後に大和国の十市郡の山寺で見つけた鉢を「仏の御石の鉢」と偽って持ってきますが、かぐや姫に見破られ、相手にされなくなります。
このかぐや姫石作皇子の持ってきた鉢を見る場面が、「竹取物語絵巻」に描かれています。
『高島藩主諏訪家伝来 竹取物語絵巻 上巻 絵2』(諏訪市博物館蔵)



『竹取物語』 「佛の御石の鉢」

猶この女見では、世にあるまじき心地のしければ、
天竺にある物も持て來ぬものかは、と思ひめぐらして、
石作皇子は心のしたくみある人にて、
天竺に二つと無き鉢を、百千萬里の程行きたりとも、いかでか取るべき、と思ひて、
赫映姫の許には、「今日なむ天竺へ石の鉢とりに罷る」と聞かせて、三年ばかり經て、
大和國十市郡に、ある山寺に、賓頭盧の前なる鉢の直黒に煤づきたるを取りて、
錦の袋に入れて、作花の枝につけて、赫映姫の家に持て來て見せければ、
赫映姫怪しがりて見るに、鉢の中に文あり。
ひろげて見れば、
海山の路に心を盡くし果て御石の鉢の涙流れき
赫映姫、光やあると見るに、螢ばかりの光だになし。
おく露の光をだにぞやどさまし小倉山にて何もとめけむ
とて、返し出すを、鉢を門に棄てて、この歌の返しをす。
白山に逢へば光の失するかと鉢を棄てても頼まるゝかな
と詠みて入れたり。
赫映姫返しもせずなりぬ。
耳にも聞き入れざりければ、言ひ煩ひて歸りぬ。
かれ鉢を棄てて又いひけるよりぞ、面なき事をば、はぢを棄つとはいひける。


なお、石作皇子は、実在した丹比嶋真人(たじひしままひと)がモデルとされています。
丹比嶋真人(たじひしままひと)(624年-701年)は天武天皇、持統天皇、文武天皇の3代に仕え、持統朝で右大臣、文武朝で左大臣になっています。




この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -