FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2020 / 06 ≫

ロウバイの花が咲いていました。

実家の庭のロウバイが、葉が落ちないまま満開に近づいていました。

ロウバイの花201201

ロウバイを詠んだ生とみ子の句を紹介します。
室生とみ子〔明治28(1895)年から昭和34(1959)年〕は、昭和の女流俳人で、詩人小説家室生犀星の妻です。

臘梅や 時計にとほき 炬燵の間室生とみ子

今年の名古屋のお正月は、朝晩は冷え込んだものの比較的穏やかな3日間でした。


この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -