上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2018 / 07
≪ 2018 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2018 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水仙の花が咲いていました。

実家の庭の片隅で水仙の花の香りがしていました。

水仙201112

名前はニホンズイセン(日本水仙)ですが、原産地は地中海沿岸だそうです。
中国を経て日本に入ったとされ、学名は、Narcissus tazetta var. chinensisです。

漢名の“水仙”を音読みして“スイセン”になったと言われています。
漢名の“水仙”は、きれいな花の姿と芳香がまるで仙人のようなことから名付けられたそうです。
また、学名でもある“Narcissus”はギリシャ神話の美少年・ナルキッソスのことで、彼は泉に映った自分の姿に恋をして、毎日その姿を見つめ続けた末に衰弱して死んでしまい、その後、泉のほとりに咲くスイセンの花になったと言われています。

洋の東西を問わず、人はスイセンの花の美しさとその香りに人知を超えたものを見出したようです。

日本でも、昔からその香りは多くの人を魅了してきました。

其のにほひ 桃より白し 水仙花 (芭蕉



【お久しぶりです】
今晩は。新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。<m(__)m>
【Re: お久しぶりです】
ひとみさん、こんばんは。

こちらこそご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。