上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名古屋能楽堂の12月定例公演に行きました。

今日は、昨日(2011年12月4日)見に行った名古屋能楽堂の12月定例公演を紹介します。
今年度の名古屋能楽堂定例公演のテーマは、“~能・狂言と“世界”~”とのことです。
12月の定例公演の演目は、』、狂言棒縛』、土蜘蛛』の3番と舞囃子1番、仕舞2番でした。

名古屋能楽堂定例公演201112_01

名古屋能楽堂定例公演201112_02

今月の演目のテーマは、“海外の要人が見た能①””とのことです。



木曾の山里の僧が都へ向かう途中、近江の粟津で一人の女に会います。
女が社に参り涙を流しているので、不審に思い声をかけるとこれはああなたと故郷を同じくする木曾義仲を祭った社だから、その霊を慰めてほしいといって消え去ります。
宋は、里の男に義仲の最期と御前のことを聞き、弔いをすると、先刻の女が武者姿で現れ、義仲に仕えた御前の霊であることを知らせます……。


昭和8(1933)年2月末より、アイルランドの劇作家で、戯曲ピグマリオン」(ミュージカルマイ・フェア・レディ」の原作)の作者として知られるバーナード・ショウが来日した折に、靖国神社能楽』と狂言蚊相撲』を鑑賞したそうです。
その時、77歳だったショウは、を観て“新しくて興味あるものを学んだ”との感想を残したそうです。

衣斐愛師は、女性というわけではなく、小柄なので、シテが女性のは似合います。
また、動きも軽快なので、『』のようなはぴったりだと思いました。
後場の長刀つかいも見応えがありました。

狂言棒縛

酒好きな太郎冠者と次郎冠者の2人は、主人が留守になるたびに酒蔵に忍び込んでは盗み酒をしています。
今日も外出しなくてはいけなくなった主人は、まず次郎冠者を呼び出し、最近、棒の手の稽古をしている太郎冠者にその型をさせ、隙を見て縄で括りつけようと声をかけます……。


アメリカビル・クリントン元大統領が来日した際の東京赤坂迎賓館での政府レセプションで、野村万作野村又三郎(先代)井上菊次郎で、この狂言を披露したそうです。

太郎冠者を演じた鹿島俊裕師のひょうきんな表情が笑いを誘いました。
と違っては顔の表情でも演技するのだとよくわかりました。

土蜘蛛

病の床にある源頼光の下に胡蝶という侍女が薬を持って見舞いに訪れ、
気弱になっている頼光に治療すれば治ると慰めの言葉を残して帰ります。
頼光がふと気付くと、部屋に一人の僧がいて、千筋の糸を投げ掛けます。
頼光が枕元に置いてあった名刀膝丸で斬りつけると、なおも糸を繰り出し消え失せます。
この音に驚いた警護の武者は、床に残った血の跡をたどり化物退治に出かけます……。


明治12(1879)年7月8日に、来日中のアメリカの前大統領のグラント将軍を歓待する能会が、岩倉具視邸で催され、半能望月』、狂言釣狐』、土蜘蛛』ほか仕舞4番が上演されたそうです。
このときは、あらすじの英訳が準備されたと伝えられているそうです。

シテ松山幸親師が投げた糸は20以上だったと思います。
糸をきれいに投げるのは難しいと聞いていますが、今回の舞台では2、3回は失敗もあったように見えましたが、多くは美しい放物線を描いて飛んでいました。

壬生狂言では、この『土蜘蛛』の糸を貰って帰るといいことがあるという言い伝えがあり、観客が先を争って糸を奪い合うそうですが、さすがにの公演ではそういうことはありませんでした。


今回の定例公演は、当日券は完売で満席でした。
見所がこんなに賑わっている定例公演は久しぶりでした。
演目が人気演目だったからでしょうか、あるいは、仕舞舞囃子も含めると五流派勢ぞろいだったからでしょうか。

いずれにしても、空席の目立つ見所よりは、満員の見所で見る方が舞台も盛り上がると感じました。





この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。