上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の謡の稽古は、『鞍馬天狗』の1回目。

今日からの稽古は、『鞍馬天狗』になりました。
今日の場面は、鞍馬の西谷から花の便りがあり、東谷の僧稚児を連れて花見に赴くも、一人の客僧が花を眺めているのを見て、他人の交じる面白くないと退散してしまう場面です。

シテ「これは鞍馬の奥僧正が谷に住居する客僧にて候。今日は一山の花見と申し候ほどに。
   われらもまかり出で花を眺めばやと存じ候。

〔狂言「いかに申し候。西谷より御使に参りて候。すなわちこれに御文の候。御覧候え。〕
ワキ「なにと西谷よりの文と候や。すなわち開いて見うずるにて候。
   なになに西谷の花。今を盛りと見えて候に。などやおん音信にもあずからざる。
   一筆啓上せしめ候古歌に曰く。きょう見ずはくやしからまし花盛り。
   咲きも残らず。散りも始めず。げに面白き歌の心。たとい音信なくとても。
   木蔭にてこそ.待つべきに。

地謡「花咲かば告げんといいし.山里の。告げんといいし山里の。
   使は来たり馬に鞍鞍馬の山のうず桜。手折り栞をしるべにて。奥も迷わじ咲きつづく。
   木蔭に並みいて。いざいざ花を.眺めん。

〔狂言「これはいかな事。皆々奥へ御出でなされた。
   惣じてこのしうた御座敷をさますも、この客僧故じゃ。
   おのれ身共がままにならば、これこれをいただかせたいな。
   のう腹立ちや、のう腹立ちや、のう腹立ちや。〕
シテ「言語道断の事にて候。某これに候とてみなみな座敷を立たれて候。
   遥かに人家を見て花あればすなわち入り。貴賎と親疎とを論ぜざるをこそ。
   春の習いと聞くものを。浮世に近き鞍馬寺。本尊は大悲多聞天。
   慈悲にもれたる.人々かな。


今日の箇所には、それほど難しい謡はありませんでした


一方、仕舞の稽古は、今日から『吉野静』のキリの通しの稽古になりました。
※『吉野静』のあらすじ:http://www.syuneikai.net/yoshinoshizuka.htm(名古屋春栄会のサイトから)

この仕舞は、詞章の意味を考えて舞うようにとの指導を受けました。
そんなに難しい型がある仕舞ではないので、謡にあわせて舞えるようにしたいと思っています。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。