上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2018 / 04
≪ 2018 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2018 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名古屋能楽堂の10月定例公演に行きました。

今年度の名古屋能楽堂定例公演のテーマは、“~能・狂言と“世界”~”とのことです。
10月の定例公演の演目は、狂言鳴子』、石橋 大獅子』の2番でした。

名古屋能楽堂定例公演201110_01

名古屋能楽堂定例公演201110_02

今月の演目のテーマは、“近くて遠い伝説の宝庫・中国”とのこと。
日本にとって最も身近な異国・中国との交流は、狂言の演目にもさまざまな形で描かれています。
唐船』や狂言茶子塩梅』には日本で暮らす唐人が登場し、白楽天』や狂言唐人相撲』は、日本人との知力・体力比べが描かれます。
一方、の時代を描く西王母』、始皇帝が刺客から逃れる咸陽宮』、の時代を舞台とした枕慈童』、の時代の若者を主人公とする邯鄲』など、さまざまな時代の中国を舞台とした演目を数多くあります。
石橋』はの時代に伝説の地・清涼山に憧れて海を渡った大江定基(寂昭法師)が登場する演目です。


狂言鳴子

主人が、2人の召使(太郎冠者次郎冠者)に田の鳥追いを頼みます。
二人はいったん、鳥追いは子どもの仕事だ言ってと断りますが、主人の頼みを聞いて鳥追いに出かけます。
しばらくして主人が気を利かせてお酒を届けに来ます。
主人が帰ると早速、2人は酒を飲み始め、興に任せて小唄を謡い、舞を舞い、ついに寝入ってしまいます。
すると、………。

この曲は、和泉流にしかない演目だそうです。
小唄がふんだんに取り入れられていて、その独特の軽快な節回しが楽しい演目でした。
また、“引く”という言葉をキーワードとする“引き物尽くし”の謡も面白かったです。

実際に鳴子を鳴らすところや、太郎冠者を演じた佐藤融師のトリルのような歌い方もユニークで楽しめました。
ただ、太郎冠者を演じた佐藤融師と次郎冠者を演じた井上靖浩師の声が比較的高音で大きかったのに対して、主人を演じた大野弘之師の声が比較的低音で小さかったので、私には2人を叱り付ける場面が迫力不足に見えてしまいました。

しかし、必ずしも同じ声のトーンの演者の組合せの方が良いとは言えないとも思いますので、難しいところなのかもしれません。


石橋 大獅子

石橋』は、今では能の後半部分の獅子舞だけを演ずる半能という形式で上演されることのほとんどですが、今日は、前半部分にあたる大江定基ワキ)と童子シテ)の問答も演じられました。
また、「大獅子」の小書による演出でしたので、後半、白頭の獅子シテ)と赤頭の獅子ツレ)の獅子舞が華やかに演じられました。

世阿弥は、その著書の「申楽談儀」の中で獅子舞について、“獅子舞は、河内の榎並に、徳寿とてあり。神変獅子なり。増阿、稚児にて、鹿苑院の御前にて舞ひし、面白かりしなり”と述べていますので、世阿弥の時代に、既に猿楽田楽獅子舞をレパートリーとしていたことは確かなようです。
石橋』のあらすじは、こちらをご覧ください。→http://www.the-noh.com/jp/plays/data/program_030.htmlthe 能.comのサイトから)

シテ古橋正邦師とツレ梅田嘉宏師による獅子舞は動きに躍動感があってすばらしかったです。
鮮やかな色彩の牡丹の作り物と激しい動きの舞を見ていると、異国の舞を見ているようで、エキゾチックにさえ感じられました。
ただ、獅子舞での、頭をそり返させる所作や、さっと伏せる所作の2人のタイミングのずれは意図的なものだと思いますが、箇所によってずれの間合いが微妙に異なるので、私には合わせようとしているのに合わせられないように見えてしまいました。

白頭の獅子赤頭の獅子の違いを出しながら、同じ所作をするのは難しいことなのだと改めて感じました。


今年度の名古屋能楽堂定例公演で唯一、平日の夜の公演でしたが、これまでの土日の昼の公演より、見所は賑わっていました。
平日の夜の方が、より多くの人にを見てもらえるのではと感じました。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。