上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2018 / 04
≪ 2018 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2018 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は友蔵さんの誕生日です。

テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公のさくらももこの祖父がさくら友蔵です。
物語の舞台は、昭和49(1974)年清水市(現在の静岡市清水区)で、友蔵さんは明治31(1898)年10月3日生まれの76歳という設定です。
したがって、今日が友蔵さんの誕生日です。

友蔵さんは俳句が好きで、何かあると“友蔵心の俳句”と題して心の中で俳句を詠みますが、本人は俳句季語が必要であることを知らなかったようで、ほとんどの俳句には季語が入っておらず、実際には川柳です。
今日は、“友蔵心の俳句”の中から、珍しく季語の入っている句を紹介します。

わがおもい ふはつとなりて はなびちる

ウニなんて わしもたべたい だけどシメサバ


川柳以外の何物でもありませんが、表記に漢字を入れてみると、特に前者など少し俳句らしくなりませんか?

我が思い 不発となりて 花火散る (友蔵

海胆なんて わしも食べたい だけどしめ鯖 (友蔵


ちなみに、花火は秋の、海胆は春の季語です。


ところで、俳句つながりですが、今日(10月3日)は蛇笏忌(山廬忌)です。
花火つながりで、格調高い句で知られた飯田蛇笏花火の句を一句紹介します。

花火見や 風情こごみて 舟の妻 (蛇笏



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。