上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりに銀閣寺を訪ねました。

先月の京都日帰り旅行(2011年8月26日の日記参照)では、白沙村荘・橋本関雪記念館2011年9月13日の日記参照)の後に、銀閣寺をおよそ30年ぶりに訪ねました。
臨済宗相国寺派の公式サイト:http://www.shokoku-ji.jp/

銀閣寺は、正式名称を東山慈照寺〔とうざん・じしょうじ〕といい、相国寺塔頭寺院の一つです。
銀閣寺の名の由来は、江戸時代初期に境内の観音堂が“銀閣”と俗称され、慈照寺全体も、金閣寺に対して、銀閣寺と称せられることとなったことによるそうです。
銀閣寺の建物は、室町幕府8代将軍の足利義政が祖父である3代将軍の義満が建てた金閣寺にならって、造営した東山山荘(東山殿)が起源で、義政の死後、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられたそうです。

銀閣の屋根は柿葺き、内部は2層で、建物の下層はかつて住居だった“心空殿”、上層は観音菩薩を安置する“潮音閣”と呼ばれる漆喰の板壁に花頭窓を並べた仏堂になっているとのことです。
創建当時は、全体に黒漆が塗られていたと考えられており、最初から銀箔は使用されていなかったそうです。
東山文化の真髄たる簡素枯淡の美を映す建築物です。

銀閣寺201108_01
[2011年8月26日(金)撮影]

銀閣を望む場所に銀沙灘向月があります。
白砂が壇状にして直線の縞模様をつけデザインされた銀沙灘の幾何学的な美しさは相変わらずでした。
また、高さ180cmもある円錐盛りの向月台は、月を鑑賞するためのものといわれています。
銀閣寺201108_02
[2011年8月26日(金)撮影]

東部の山腹を登ると、湧水のお茶の井漱蘚亭跡がありました。

銀閣寺201108_03
お茶の井:2011年8月26日(金)撮影]

銀閣寺201108_04
漱蘚亭跡:2011年8月26日(金)撮影]

山道からは銀閣寺の全景を眺めることができました。

銀閣寺201108_05
[2011年8月26日(金)撮影]

また、銀閣寺は庭園を覆う美しい苔でも有名だそうです。
以前に行ったときには、全く気がつきませんでしたが、庭園の苔の美しさは圧巻でした。

銀閣寺201108_06
[2011年8月26日(金)撮影]


今日で、6回にわたった先月の京都日帰り旅行の紹介を終わります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。