FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2020 / 06 ≫

あの人のモデルだそうです。

アントニ・ファン・レーウェンフック〔Antoni van Leeuwenhoek〕は、オランダの科学者で、歴史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察したとされ、“微生物学の父”と呼ばれています。
彼は、織物業を営みながら、ひたすら自作の顕微鏡で小さな世界を観察し続けたそうです。

そして、彼は、ヨハネス・フェルメール〔Johannes Vermeer〕の2つの作品『天文学』と『地理学者』のモデルとされています。
レーフェンフックが、フェルメールの死後、彼の遺産管財人になったことからもわかるように、フェルメールと親交があったこと、年齢、容貌ともに似ていること、この2点がその根拠だそうです。

この『地理学者』は、現在、豊田市美術館に展示されています。
明日、夏休みを取って、この人に会いに行く予定です。


この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -