FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2020 / 06 ≫

二つの遺跡を訪ねました。

先月26日の平泉訪問を紹介する5回目です。

毛越寺2011年8月10日の日記参照)の隣には、観自在王院跡が広がっています。

観自在王院跡201107_01
[2011年7月26日(火)撮影]

観自在王院は、奥州藤原氏二代基衡が建立したと言われています。
観自在王院とは阿弥陀堂のことで、大阿弥陀小阿弥陀堂があり、大阿弥陀堂には阿弥陀如来観音菩薩勢至菩薩の三尊を安置し、堂内の四壁には洛陽の名所地を描き、仏壇は銀、高欄は磨金でできていたと伝えられているとのこと。
発掘調査によると、観自在王院は東西約120m、南北約240mで南北に長い長方形で、南門を入ると北には今も残る、東西、南北とも約90mのほぼ正方形の池・舞鶴が池があったことがわかっています。
池の中央南寄りには中島が、池西岸に荒磯風の石組があり、その北側には巨大な川石の石組があり、ここから滝のように水が流れていたとのことです。

観自在王院跡201107_02
[2011年7月26日(火)撮影]

毛越寺の庭園を一回り小さくした浄土庭園であったことがわかります。
なお、観自在王院は天正元(1573)年のの兵火で焼失し、現在の建物は享保年間に大阿弥陀堂跡に再建されたものだそうです。
観自在王院跡は、国の特別史跡に指定されています。

観自在王院跡の北東500mほどのところに、無量光院跡があります。

無量光院跡201107_01
[2011年7月26日(火)撮影]

無量光院は、奥州藤原氏三代秀衡によって、宇治平等院を模して建立されたとされ、阿弥陀堂を中心に伽藍が構成されていたとのことです。
本尊は平等院と同じ阿弥陀如来で、地形や建物の配置も平等院とほとんど同じで、本堂の規模も鳳凰堂とほぼ同じだそうです。
ただし、建物は東向きに作られ、建物の中心線の西に金鶏山があり、庭園から見ると夕日が本堂の背後の金鶏山へと沈んでいくように設計されているとのことです。
この空間構成は平泉独自のものとされ、浄土庭園の最終発展形といわれているそうです。
奥州藤原氏滅亡後、焼失して境内は荒廃し、遺跡のほとんどは近年まで水田となっていましたが、堂跡、池跡等の遺構は良好な状態で保存されており、国の特別史跡に指定されています。

無量光院跡201107_02
[2011年7月26日(火)撮影]

なお、観自在王院跡無量光院跡は共に、世界遺産の登録資産として個別指定されています。

今日で、先月26日に訪ねた平泉の紹介を終わります。
ぜひとも多くの方に、世界遺産となった平泉を訪問して、そのずばらしい文化遺産を堪能していただきたいと思っています。


この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -