fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

名古屋市博物館には常設展フリールームがあります。

一昨日(2010年12月5日)に名古屋市博物館に行った折に、常設展示室フリールームで開催されていた尾張の能楽〔2010年11月30日(火)~2011年1月23日(日)〕を見学しました。
名古屋市博物館のサイトの常設展フリールーム尾張の能楽のページ:http://www.museum.city.nagoya.jp/nouraku.html

芸所と呼ばれている名古屋では、さまざまな伝統的な芸能も盛んで、能楽(能と狂言)もその一つです。
今回のフリールームでは尾張の能楽の基礎知識がわかるように、能と狂言能楽が演じられる場所藩と能楽町人と能楽などのテーマごとに能楽の装束や道具、記録類が展示されていました。

・能楽
江戸時代の能の番組公儀御能組」(名古屋市蓬左文庫蔵)が展示されており、興味深かったです。

・能楽はどこで
名古屋城二の丸御殿能舞台の図面「表御座之間御屋敷舞台図」(名古屋市蓬左文庫蔵)が展示されていました

・能と扇
宝生流がいくつか展示されており、シテ方で使う中啓や、仕舞などで使う鎮扇などがありました。

・能
能装束の「長絹」が展示されていました。

・狂言
狂言装束鯛車に玩具模様肩衣」(狂言共同社蔵)、狂言面などが展示されていました。
※「鯛車に玩具模様肩衣」:http://www.museum.city.nagoya.jp/tenji10/kataginu.jpg名古屋市博物館のサイトから)

・藩と能楽
江戸時代の能楽は、幕府や藩の公式行事で演じられる式楽として、尾張藩でも盛んに演じられており、その観能の記録である「続学舎叢書廿二巻 尾張藩御能見聞録」(名古屋市蓬左文庫蔵)などが展示されていました。

・町人と能楽
江戸時代には武家だけでなく、町人も辻能勧進能町入能などお城の内外で能楽を見物する機会があり、祭の山車に乗るからくり人形にも能楽の曲を題材としたものもあったとのことで、橋弁慶車をモデルとした郷土玩具「東照宮祭の山車 七間町」が展示されていました。
※「東照宮祭の山車 七間町」:http://www.museum.city.nagoya.jp/tenji10/benkeiguruma.jpg名古屋市博物館のサイトから)


常設展示室には、ほとんど人がいなくて、少し寂しかったです。

この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -