fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

黄梁夢』と能『邯鄲』の典拠は同じ話です。

この二つの話の典拠は、沈既済の著『枕中記』です。
この話から、“邯鄲の枕”、“黄梁一炊の夢”の故事が生まれました。

芥川龍之介の『黄梁夢』は基本的な筋は『枕中記』とほとんど同じですが、最初と最後の部分のみが異なっています。
しかし、このわずかな違いにより、この話は元の話とは全く違った話になっています。

黄梁夢』(芥川龍之介

 盧生は死ぬのだと思った。目の前が暗くなって、子や孫のすすり泣く声が、だんだん遠い所へ消えてしまう。そうして、眼に見えない分銅が足の先へついてでもいるように、体が下へ下へと沈んで行く――と思うと、急にはっと何かに驚かされて、思わず眼を大きく開いた。
 すると枕もとには依然として、道士の呂翁が坐っている。主人の炊いでいた黍も、未だに熟さないらしい。盧生は青磁の枕から頭をあげると、眼をこすりながら大きな欠伸をした。邯鄲の秋の午後は、落葉した木々の梢を照らす日の光があってもうすら寒い。
「眼がさめましたね。」呂翁は、髭を噛みながら、笑を噛み殺すような顔をして云った。
「ええ」
「夢をみましたろう。」
「見ました。」
「どんな夢を見ました。」
「何でも大へん長い夢です。始めは清河の崔氏の女と一しょになりました。うつくしいつつましやかな女だったような気がします。そうして明る年、進士の試験に及第して、渭南の尉になりました。それから、監察御史や起居舎人知制誥を経て、とんとん拍子に中書門下平章事になりましたが、讒を受けてあぶなく殺される所をやっと助かって、驩州へ流される事になりました。そこにかれこれ五六年もいましたろう。やがて、冤を雪ぐ事が出来たおかげでまた召還され、中書令になり、燕国公に封ぜられましたが、その時はもういい年だったかと思います。子が五人に、孫が何十人とありましたから。」
「それから、どうしました。」
「死にました。確か八十を越していたように覚えていますが。」
 呂翁は、得意らしく髭を撫でた。
「では、寵辱の道も窮達の運も、一通りは味わって来た訳ですね。それは結構な事でした。生きると云う事は、あなたの見た夢といくらも変っているものではありません。これであなたの人生の執着も、熱がさめたでしょう。得喪の理も死生の情も知って見れば、つまらないものなのです。そうではありませんか。」
 盧生は、じれったそうに呂翁の語を聞いていたが、相手が念を押すと共に、青年らしい顔をあげて、眼をかがやかせながら、こう云った。
「夢だから、なお生きたいのです。あの夢のさめたように、この夢もさめる時が来るでしょう。その時が来るまでの間、私は真に生きたと云えるほど生きたいのです。あなたはそう思いませんか。」
 呂翁は顔をしかめたまま、然りとも否とも答えなかった。


一つ目の違いは、“廬生が呂翁に自分の夢と現実の違いについての不平を述べ、眠くなって呂翁に枕を借りて眠り、長い波乱に満ちた人生の夢を見る”という部分が『黄梁夢』にないことです。
具体的に言うと、廬生が“男としてこの世に生まれたからには出世して、栄耀栄華を得たい”という夢を持っている点は同じですが、『枕中記』ではこの夢のこと冒頭で語られるのに対し、『黄梁夢』では、廬生が眠りから目を覚ます場面から始まっています。

二つ目の違いは、『枕中記』では、呂翁廬生に“現実の儚さ”を説き、現世の欲を追うことを止めさせ、廬生は、呂翁にお礼を言って故郷に帰りますが、『黄梁夢』では現世の欲望を追うことを止めさせようとする呂翁に対して廬生は、“「夢だから、なお生きたいのです。あの夢のさめたように、この夢もさめる時が来るでしょう。その時が来るまでの間、私は真に生きたと云えるほど生きたいのです。あなたはそう思いませんか。」”と言い返し、呂翁があきれるという全く逆の結末になっていることです。

黄梁夢』の自分の夢のままに生きたいという思いは、芥川を代表とする近代の自我に目覚めた近代人の考え方を表しています。
それでは、芥川は、単純に夢を持って、夢に向かって進むことが大切だという教訓を伝えたかったのでしょうか。
私は、芥川人生は将来がわからないから面白い、決まりきった将来はつまらない、そして、希望や夢を持つことで、困難にあってもそれを乗り越えて前進できると言いたかったように思います。

一方、の『邯鄲』の話は、結末に至る筋は『枕中記』とほぼ同じです。
しかし、『枕中記』と『黄梁夢』には出てきた呂翁は登場しません。その代わりを務めるのは宿屋の女主人です。
あらすじは、次のとおりです。

盧生という青年が、人生に迷いを感じ、山に住む賢者に人生とは何か、問うてみようと旅に出、邯鄲の里で一見の宿屋に泊まります。
その宿の女主人は、かつて仙人の法を使う人から、その枕を使って寝ると、夢によって悟りを開くという不思議な枕をもらったことがあります。
女主人は盧生の旅の目的を聞き、食事の用意が出来る間、しばしその枕を試してみるように勧めます。
盧生は、その枕を借りて見た夢の中で、王になり栄耀栄華を極めます。
目を覚ました盧生は、全ては夢であったことを知り、名声や富を獲得することでは心が満たされないことを悟り、故郷に帰っていきます。

邯鄲』のあらすじ:http://www.syuneikai.net/kantan.htm(名古屋春栄会のサイトから)

物語の筋がほぼ同じ邯鄲』と『枕中記』ですが『邯鄲』では廬生は自ら悟りの境地に入ります。
私は、この点が物語の印象を決定的に変えていると思います。
出した結論は違っても、自分で自分の生き方を決めるという点では、邯鄲』の廬生と『黄梁夢』の廬生には共通点があります。

だからこそ、邯鄲』は現代でも人気曲なのだと思います。



【邯鄲の夢】
・・・だから虚しい・・・
と言う風に、ず~~と、理解していました。
覚醒の後、積極的に生きるのか?
虚無的に生きるのか?
大違い!

やっぱり同じかな・・・?
だから・・・精一杯生きましょうという結論!

正直に言って、この年齢になるまで二足、三足履いて突っ走ってきた想いがします。
楽しかったし、充実していた、我が邯鄲の夢。
だから・・もう充分!。
生命に対する執着が、ひと様より、なんだか薄いと自己認識している昨今です。(^_-)
【Re: 邯鄲の夢】
草笛さん、こんばんは。

いつもコメントありがとうございます。返事が遅くなりました。

黄梁夢』の盧生は、目が覚めた後も自分の夢を追い続けます。
一方、能『邯鄲』の盧生は、そもそも悩んで旅に出ているので、それまでの人生の夢(目標)に懐疑的だったからだと思いますが、別の道を選びます。
いずれも自分自身で選んだ道であり、その点では共通していると思います。

そして、元になった『枕中記』とは、そこが決定的に違うと思います。

ですから、“だから・・もう充分!”と感じられて、静かな生活を望むのも良いことではないかと思います。
そのことは、決して生命に対する執着が薄い訳ではないと思いますが…。
この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -