fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

10月は神無月です。

今日は、『徒然草』の中で最も有名な段の一つ第11段を紹介します。
この段は、中学校や高校の教科書に掲載されているので、多くの人が一度は読んだことがあると思います。

徒然草 第十一段』(吉田兼好

神無月

神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道を踏み分けて、心ぼそく住みなしたる庵あり。
木の葉に埋もるる懸樋の雫ならでは、つゆおとなふものなし。
閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに、住む人のあればなるべし。
かくてもあられけるよとあはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。


現代訳は、次のような感じだと思います。

陰暦十月の頃、栗栖野〔くるすの〕という所を通り過ぎて、ある山里に人を訪ねて分け入った時に、はるか遠くまで続く苔むした細道を踏み分けて行くと、ひっそりと住んでいる草庵がありました。
木々の落ち葉に埋もれ、見えなくなってしまっている懸樋から滴り落ちる雫の他には、ほとんど音を立てるものもなく、訪問する人もいないようです。
しかし、閼伽棚〔あかだな〕に菊や紅葉などを折り取って置いてあるのは、やはり住む人がいるからなのでしょう。
このようなところでも人が住んでいるのだなあと感じ入って見ていると、向こうの庭に、大きなみかんの木があるのにも気が付きましたが、枝もたわむほどに実が生っているみかんの木の周囲を、実が盗まれないようにと囲いをした景色には少々興ざめがして、この木さえ無かったら良かったのにと思いました。


別にみかんの木に囲いがしてあっても、それはそれで趣はあると思うのですが、自分の美的感覚に合わないと、その存在自体を貶す兼好法師のこういう世間受けを狙ったところが、私は好きになれません。



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -