fc2ブログ
2022 / 08
≪ 2022 / 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2022 / 09 ≫

『七騎落』、『蝉丸』、『黒塚』の地謡

素謡『』の千才の次の出番は、仕舞3番の地謡でした。

最初は『七騎落』。
仕舞としては、比較的初心者の方が舞うことの多い演目なので、私も何度か地謡についたことがあります。また、舞ったこともあるので、安心していましたが、最後の「弓矢の名をこそあげにけれ。」を「弓矢の名をこそあげにけり。」と謡ってしまいました。
「こそ~けれ」は係り結びの基本なのに…。

二番目は『蝉丸』。こちらは、地謡についた記憶はありませんが(多分忘れているだけで、本当は何度か謡っているはず)、始めたばかりの頃に結構長く稽古をしていた(また、当時は記憶力も良かった)ので、自然と次の句が出てきて楽に謡うことができました(ただし、自己満足なので、出来の程は不明)。

最後は『黒塚』。これは初めて地謡を謡うことになり、前日の稽古でもうまく謡えなかったので、昨夜、何度か練習しましたが(まさに一夜漬け)、やはりうまく謡えませんでした。…ということで、目も虚ろです。

仕舞の地謡



この記事へコメントする















kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -