fc2ブログ
2010 / 09
≪ 2010 / 08   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2010 / 10 ≫

今日の謡の稽古は、『老松』の3回目。

今日のの稽古は、『老松』の3回目でした。
今日の場面は、筑前の安楽寺梅津某が、老若二人の男に飛梅の木を教えてもらった後に、「傍らの老松も天神の愛でた木で、共に末社として祭られている」と告げられる場面です。
※『老松』のあらすじ:http://www.syuneikai.net/oimatsu.htm(名古屋春栄会のサイトから)

シテ「さてこなたなる木をば何とかご覧じ候ぞ。
ワキ「げにげにこれも垣ゆい回し。白木綿をかけられたり。
   いかさまこれは老松の。

ツレ「遅くも心得たまいたり。
シテ、ツレ「紅梅殿はご覧ぜよ。色も若木の花守までも。
   花やかなるに.ひきかえて。

地歌「守るわれさえに老が身の。影古びたるまつ人の。
   翁さびしき木のもとを。老い松とご覧ぜぬ.神慮もいかが.恐ろしや。

ワキ「まず社壇の体を拝み奉れば。北に峨峨たる青山あり。
地謡「朧月松柏の中に映じ。南に寂寂たる瓊門あり。
   斜日竹竿のもとに透けり。

シテ「左に花園の林灯あり。
地謡「翠帳紅閨の粧い昔を忘れず。右に古寺の旧跡あり。
   晨鐘夕梵の.響き絶うる.ことなし。
   げにや心なき。草木なりと申せども。かかる浮世の理をば。
   知るべし知るべし.諸木の中に松梅は。ことに天神の。
   ご自愛にて.紅梅殿も老松もみな末社と現じ.たまえり。


今日の箇所も、特に謡いにくいところはありませんでした。


一方、今日の仕舞の稽古は『養老』の3回目。
※『養老』のあらすじ:http://www.syuneikai.net/yoro.htm(名古屋春栄会のサイトから)

地謡「上すむ時は。下もにごらぬ。滝つの水の。
   浮きたつ波の。かえすがえすも。よきみ代なれや。よきみ代なれや。
   ばんぜいの道に。かえりなん。ばんぜいの道に。かえりなん。


前回の稽古(2010年8月21日の日記参照)と同様に、シテ謡みずとうとうどして。波いういうたり。」を謡いながら型をする箇所の指導を受けました。
今日で、一通り最後まで教えていただきましたので、次回の稽古からは通しの稽古になります。

今日の名古屋最高気温は、9月とは思えない38℃
仕舞の稽古の最中、汗が滴り落ちました。



スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -