fc2ブログ
2009 / 11
≪ 2009 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2009 / 12 ≫

名古屋ボストン美術館に行きました。

日曜日(2009年11月22日)に名古屋ボストン美術館に「愛と美の女神 ヴィーナス -ギリシア神話から現代へ-」(2009年7月18日~2009年11月23日)を見に行きました。
名古屋ボストン美術館のサイトの「愛と美の女神 ヴィーナス -ギリシア神話から現代へ-」のページ:http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/past/venus-200907/outline.html

名古屋ボストン美術館200911_04
[2009年11月22日(日)撮影]

この展覧会は、アメリカのボストン美術館が所蔵する古代から現代まで5000年にわたる作品135点によってヴィーナスにまつわる神話や信仰を紹介し、この女神の姿の変遷をたどりつつ、その素顔に迫るものだそうです。

展示室に入ると、今回の展覧会の目玉展示でポスターやパンフレットにも使われているアメリカボストン美術館の至宝「アフロディーテ頭部」が展示されていました。
白い大理石の頬に柔和な微笑みを湛えたこの「アフロディーテ頭部」(通称「バートレットの頭部」)は、ルーブル美術館の「ミロのヴィーナス」よりも古く、紀元前330年頃のギリシアの貴重な原作で、アフロディーテ像の顔としては最も美しいと評されているそうです。
※「アフロディーテ頭部(バートレットの頭部)」:名古屋ボストン美術館のサイトから

展示は、5つのコーナーに分かれていました。

1 ヴィーナスの起源:オリエントの女神たち
ここでは、ヴィーナスは、そもそもギリシア神話のアフロディーテであり、その起源は紀元前3000年紀のメソポタミアにまでたどることができることが紹介され、メソポタミアエジプトの遺跡の出土品が展示されていました。

2 ヴィーナスと神話
ここでは、ヴィーナスが海の泡から誕生したという神話や、パリスの審判などのヴィーナスにまつわる神話が紹介され、それらを描いた絵画や工芸品が展示されていました。

絵画では、ニコラ・プッサンの「マルスとヴィーナス」のエロティックな描写が印象的でした。
工芸品では、パリスの審を題材にした絵が描かれている古代ギリシアの「双耳壺(アンフォラ)」の美しさも目を引きました。
※「マルスとヴィーナス」(ニコラ・プッサン):名古屋ボストン美術館のサイトから
※「双耳壺(アンフォラ)」:名古屋ボストン美術館のサイトから

3 ヴィーナスと美
ここでは、ヴィーナスが美の象徴となったため、人々がヴィーナスに理想の女性美を求めた結果、時代と共にヴィーナスの姿は変遷することになったことが紹介され、時代の美を象徴する美術作品が展示されていました。

現代のヴィーナスということで展示されていたフェルナンド・ボテロの「ヴィーナス」は、あまりの存在感に圧倒され、目に焼きついてしまいました。
※「ヴィーナス」(フェルナンド・ボテロ):ボストン美術館のサイトから

4 愛と結婚
ここでは、結婚の守護神としてのヴィーナスが紹介され、結婚式で用いる壺などが展示されていました。

5 ヴィーナスと信仰
ここでは、信仰の対象としてのヴィーナスが紹介され、ギリシアローマの遺跡から出土したヴィーナスへの奉納品などの遺品が展示されていました。
ローマ時代のコインも数多く展示されていました。
この展覧会では、コインだけでなく、小さな展示物ではルーペを使って見ることができるようになっており、親切な展示方法だと思いました。

名古屋ボストン美術館200911_02
[2009年11月22日(日)撮影]

会期が残り2日ということもあり、館内はかなり混雑していました。


スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -