fc2ブログ
2009 / 09
≪ 2009 / 08   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2009 / 10 ≫

パラミタミュージアムには庭があります。

昨日〔2009年9月21日の日記参照〕訪れた、パラミタミュージアム内には、樹齢200年のケヤキの木陰に約200種の山野草が植えられている1200坪の里山を再現した庭・パラミタガーデンがあります。
パラミタミュージアム公式サイト:http://www.paramitamuseum.com/

庭園内では、秋の花が咲き始めていました。

パラミタガーデン200909_02
ヒガンバナ(マンジュシャゲ):2009年9月21日(月)撮影]

日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一、すなわちクローンだそうです。
…ということは、株分けで広がったということで、現在のようにほぼ全国に広がったのは人の手によるものとしか考えられません。

ヒガンバナ有毒なので、食用にはなりません。食用でもない植物がどうしてこんなに広がったのかについては諸説あるようです。最も有力なのは、ネズミ、モグラ、虫など水田を荒らす動物を避けるために水田の畦道に植えたという説と、土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐため墓地に植えたという説とのことです。

観賞用で広まったのではないようです。

パラミタガーデン200909_01
シロバナマンジュシャゲ:2009年9月21日(月)撮影]

シロバナマンジュシャゲは、黄色い花のショウキズイセンヒガンバナとの自然雑種だそうです。
ショウキズイセン有毒ですので、よくわかりませんが、おそらくシロバナマンジュシャゲ有毒だと思われます。

白い花は木陰を明るくしてくれます。



▼read more


スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -