fc2ブログ
2008 / 06
≪ 2008 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2008 / 07 ≫

今日は、浜木綿忌です。

宮城道雄(みやぎ みちお)は、明治27(1894)年生まれの箏曲家です。
兵庫県神戸市生まれで、旧姓は(すが)とのこと。
十七弦(17本の絃を持つ箏)の発明者としても知られています。
昭和4(1929)年に発表した「春の海」は、世界的な評価を得、昭和7(1932)年に日本アメリカフランスレコードが発売されました。
昭和31(1956)年6月25日の未明、大阪の公演へ向かう途中、愛知県刈谷市の刈谷駅付近で夜行急行列車「銀河」から転落して亡くなりました。
現在でも事故か自殺か、真相は不明のままとのことです。
命日の今日(6月25日)は遺作の歌曲にちなみ、浜木綿忌と呼ばれているそうです。

今日は、宮城道雄が昭和16(1941)年に発表した随筆『音の世界に生きる』から「声を見る」を紹介します。

音の世界に生きる』(宮城道雄)

声を見る

 まるで見当違いの場合もないわけではないが、その人の風体を見ることのできぬ私どもは、その音声によってその人の職業を判断して滅多に誤ることがない。
 弁護士の声、お医者さんの声、坊さんの声、学校の先生の声、各々その生活の色が声音の中ににじみ出てくる。偉い人の声と普通の人の声とは響きが違う。やはり大将とか大臣とかいうような人の声は、どこか重味がある。
 年齢もだが、その人の性格なども大抵声と一致しているもので、穏やかな人は穏やかな声を出す。ははあ、この人は神経衰弱に罹っているなとか、この人は頭脳のいい人だなというようなことも直ぐわかる。概して頭を使う人の声は濁るようである。それは心がらだとか不純だとかいうのでなく、つまり疲れの現れとでもいうべきもので、思索的な学者の講演に判りよいのが少く、何か言語不明瞭なのが多いのがこの為ではないかと思う。



▼read more


スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -