fc2ブログ
2008 / 06
≪ 2008 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2008 / 07 ≫

ビワの実が色づきました。

実家の庭のビワの木になっている実が色づきました。
昨年よりは大分たくさん実ったようです。ただ、摘果はしていないので小粒です。

ビワ2008_01


少しもらって帰りました。食べてみると甘くておいしかったです。

ビワ2008_02


ビワの実は種の部分が大きいので、食べるところがあまりないように感じます。
…が、可食率(食べられる部分の割合のことをこういうとのこと)は65%以上で、バナナとほぼ同じだそうです。意外な感じがしますが、確かに皮は薄いです。

ビワ(枇杷)は、バラ科の常緑高木で、中国南西部原産。学名は、Eriobotrya japonica
学名からもわかるように、以前は日本原産と言われていましたが、現在では古代に中国大陸から渡来したという説が有力だそうです。
他の多くの栽培果物と違い、実生でもほとんど変異しないので、野生化したものが多かったので自生していると思われたのではないかとのことです。



スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -