FC2ブログ
2008 / 04
≪ 2008 / 03   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2008 / 05 ≫

今日は春らしい一日でした。

今日の名古屋は、日中の最高気温が22℃を超え、暖かい南風が吹く春らしい一日でした。
まさに今日は「土と草とに新しい汗をかかせる」のような日でした。

』(中原中也)

春は土と草とに新しい汗をかゝせる。
その汗を乾かさうと、雲雀は空に隲る。
瓦屋根今朝不平がない、
長い校舎から合唱は空にあがる。

あゝ、しづかだしづかだ。
めぐり来た、これが今年の私の春だ。
むかし私の胸摶つた希望は今日を、
厳めしい紺青となつて空から私に降りかゝる。

そして私は呆気てしまふ、バカになつてしまふ
――薮かげの、小川か銀か小波か?
薮かげの小川か銀か小波か?

大きい猫が頸ふりむけてぶきつちよに
一つの鈴をころばしてゐる、
一つの鈴を、ころばして見てゐる。


中也の詩には、忘れられないフレーズがいくつかありますが、この『一つの鈴をころばしてゐる』もその一つです。鈴の音が睡魔を誘うようです。


スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -