FC2ブログ
2008 / 01
≪ 2007 / 12   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2008 / 02 ≫

「ボストン美術館浮世絵名品展」に行きました。

名古屋ボストン美術館で開催中の「ボストン美術館浮世絵名品展」は、世界一といわれているボストン美術館の浮世絵コレクションの中から厳選された作品を3回に分けて公開する展覧会の第1回目だそうです。

展覧会は、4つの展示から構成されています。

第1は、「浮世絵初期の大家たち」。
墨一色の墨摺絵丹絵紅絵を経て、多色摺りの紅摺絵に至った初期の浮世絵作品の紹介で、初代、二代の鳥居清倍の作品が中心です。
ここでは、奥村政信(無款)浮絵(透視図法を用いたので、前景が浮かんでいるように見えることからそう呼ばれたとのこと)『駿河町越後屋呉服店大浮絵』が圧巻です。

第2は、「春信様式の時代」。
多色摺りの美しい錦絵で一世を風靡した鈴木春信、その影響を強く受けた磯田湖龍斎の作品が紹介されています。また、菱川師宣版本なども展示されています。
鈴木春信の描く美人は、中性的と言われていますが、今回展示されている『寄菊』の男女の顔を見ると、女二人と見間違うようで、男を女性的に描いたと言った方が正確なのではと思いました。

第3は、「錦絵の黄金時代」。
華やかな錦絵の世界を紹介されます。鳥居清長喜多川歌麿東洲斎写楽など浮世絵黄金時代の画家の作品が展示されています。
特に喜多川歌麿の『柿もぎ』は退色しやすいと言われている赤、橙、黄、紫の発色がすばらしく、保存状態の良い(ボストン美術館でもほとんど展示されたことがないためでしょうか)作品が多いこの展覧会の作品の中でもその美しさは目を引きます。
また、鳥居清長は八頭身の美人画を最初に描き、人気を博したとのことです。『日本橋の往来』では、遠近法も取り入れています。
この作品は、入り口のエスカレーターのところの懸垂幕に使われていました。

名古屋ボストン美術館200801_02


何点か蚊帳を描いた作品がありました。非常に細かく描かれた蚊帳を通して蚊帳の中の人物が描かれており、とても版画とは思えませんでした。掘り師と摺り師の技術の高さに驚きました。

第4は、「幕末のビッグネームたち」。この展示は5階です。
ここでの中心は、葛飾北斎歌川広重、そして、歌川国芳です。
葛飾北斎の「冨嶽三十六景」、「百人一首うばがゑとき」、歌川広重の「東海道五拾三次之内」、「名所江戸百景」などの代表的なシリーズから1~2点ずつ展示されていました。
歌川国芳の三枚連続の『讃岐院眷属として為朝をすくふ図』は見ごたえがあります。
この展覧会のポスターやパンフレットに使われている歌川国政の『市川鰕蔵の暫』も、迫力がありました。

名古屋ボストン美術館200801_01


今回の展覧会で、一番印象に残ったのは、歌川広重の『名所江戸百景 両国花火』。
藍色のブルーがとても美しく、海や空のグラデーションがすばらしかったです。以前見た作品と少し印象が異なりました。これも、保存状態が良いからなのでしょうか。
また、この絵の花火がぼかされているところは、初摺りか初期の摺りだけだそうで、今回の展覧会では初期の摺りが多いのも特徴とのことです。

浮世絵の世界に浸ることができ、心が豊かになった気がします。



スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -