fc2ブログ
2007 / 12
≪ 2007 / 11   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2008 / 01 ≫

今日は、四十七士討ち入りの日です。

元禄15年12月14日(現在の暦では、1703年1月30日)に、赤穂浪士、いわゆる四十七士が吉良上野介邸に討ち入りました。これにちなんで、吉良邸跡である両国の松坂公園と赤穂浪士の墓所のある泉岳寺赤穂市で、毎年、義士祭が行われています。

忠臣蔵では、討ち入りの日の前夜、煤払竹売に変装して吉良屋敷を探索していた四十七士の一人大高源五が、両国橋で源五の俳諧の師匠である宝井其角と出会い、其角の「年の瀬や水の流れも人の身も」という発句に「あした待たるるこの宝」と返し、仇討ちをほのめかす場面が有名です。
明治になり、この場面を主題にした歌舞伎『松浦の太鼓』がつくられました。

実在の大高源五は、正式には大高忠雄(おおたか ただお)といい、赤穂藩では、金奉行・膳番元方・腰物方、20石5人扶持だったとのこと。源五は通称だそうです。
また、俳諧をよくしていたのは事実のようですが師匠は水間沾徳(みずませんとく)で、討ち入りの夜、水間家の格子戸に源吾の筆で「山をさくちからも折れて松の雪 子葉」「世にさた御座候までは 御さたなし下されまじく候」と書かれた文が投げ入れてあったということです。子葉源五の俳号です。




スポンサーサイト



kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -