FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2020 / 06 ≫

『福家警部補の挨拶』が文庫化されました。

以前から気になっていたので、早速読みました。
福家警部補の挨拶』(大倉崇裕著、創元推理文庫、348ページ、819円、2008年12月12日発売)は、冒頭で犯人の視点から犯行の状況が語られ、その後、捜査の担当になった福家〔ふくいえ〕警部補が事件を解明する様子が語られるという倒叙形式の本格ミステリです。
著者がテレビドラマ「刑事コロンボ」の大ファンで、「刑事コロンボ」のノベライズも執筆したことがあるというのは、本書の解説で初めて知りましたが、それを知って読むとコロンボシリーズへのオマージュともいえる短編集です。

収録作品は、「最後の一冊」、「オッカムの剃刀」、「愛情のシナリオ」、「月の雫」の4篇で、それぞれ、文庫の裏表紙の解説によると“本への愛を貫く私設図書館長、退職後大学講師に転じた科警研の名主任、長年のライバルを葬った女優、良い酒を造り続けるために水火を踏む酒造会社社長”が犯人です。

福家警部補の挨拶

でも、“水火を踏む”とは最近あまり見かけない表現ですよね(もしかして、最近、流行っているのでしょうか?)。
ちなみに、“水火を踏む”は、“危険を冒す”という意味の慣用句で、『列子』「黄帝」の
魏文侯聞之、問子夏曰、彼何人哉、子夏曰、以商所聞夫子之言、和者大同於物、物無得傷亥閡者、游金石、蹈水火、皆可也、文侯曰、吾子奚不爲之、子夏曰、刳心去智、商未之能、雖然試語之有暇矣、文侯曰、夫子奚不爲之、子夏曰、夫子能之而能不爲者也、文侯大説
が出典とのことです。

私は、この4編の中では「月の雫」が1番だと思います。ラストシーンが絵になるし…。
小柄で童顔な為か全く刑事には見てもらえないものの、その洞察力・推理力で難事件を解決する福家警部補
その酒豪ぶりや映画マニアぶりも面白くてチャーミングです。
とても魅力的な人物なので、続編も読みたくなりました。

なお、来年、1月2日(金)の午後9時からNHK総合テレビで「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀」と題してドラマ化されるそうです。ちなみに、福家警部補役は、永作博美さんとのことです。
ドラマを見るのも楽しみです。



今日はアルツハイマー博士の亡くなった日

だそうです。
アロイス・アルツハイマー Aloysius Alzheimer〔1864年~1915年〕は、ドイツの精神医学者で、明治34(1901)年に診察した嫉妬妄想、記憶力低下などの症状の患者の症例を、明治39(1906)年に南西ドイツ精神医学会に発表したとのことす。
この症例が、現在の認知症の多くを占める疾患として広く認知され、アルツハイマー病と呼ばれるようになり、その名が病名として残ることになったとのことです。

ところで、昨日、テレビドラマ「刑事コロンボ」でコロンボ役を務めたピーター・フォーク Peter Michael Falkさんがアルツハイマー病を患っているとの報道がありました。
81歳とのことなので、やむをえないかとも思いましたが、プロ野球のナイター中継が雨で中止になったときに放映していた「刑事コロンボ」を見たくて、雨が降るのを望んでいた遠い日のことが思い出され、少し感傷に浸ってしまいました。
ちょうど、「刑事コロンボ」へのオマージュ作品ともいえる『福家警部補の挨拶』(大倉崇裕)を文庫で読んでいる最中だったで、勝手に不思議な巡り合わせを感じてしまいました。

なお、来年1月3日(土)からNHK-BSハイビジョンで放送されるようです。
※「刑事コロンボ」のNHKのサイト:http://www9.nhk.or.jp/kaigai/columbo/index.html
とっても楽しみです。



犯罪は、ついに発覚します。

主人公のの犯罪は、黒猫によって明るみに出ます。
165年の時を経ても色褪せないスリルを味わってください。

今日は、エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)の『黒猫』の最終回(7回目)です。


黒猫』〔7〕

エドガー・アラン・ポー)〔佐々木直次郎訳〕


 二日目も過ぎ三日目も過ぎたが、それでもまだ私の呵責者は出てこなかった。もう一度私は自由な人間として呼吸した。あの怪物は永久にこの屋内から逃げ去ってしまったのだ! 私はもうあいつを見ることはないのだ! 私の幸福はこの上もなかった! 自分の凶行の罪はほとんど私を不安にさせなかった。二、三の訊問は受けたが、それには造作なく答えた。家宅捜索さえ一度行われた、――が無論なにも発見されるはずがなかった。私は自分の未来の幸運を確実だと思った。
 殺人をしてから四日目に、まったく思いがけなく、一隊の警官が家へやって来て、ふたたび屋内を厳重に調べにかかった。けれども、自分の隠匿の場所はわかるはずがないと思って、私はちっともどぎまぎしなかった。警官は私に彼らの捜索について来いと命じた。彼らはすみずみまでも残るくまなく捜した。とうとう、三度目か四度目に穴蔵へ降りて行った。私は体の筋一つ動かさなかった。私の心臓は罪もなくて眠っている人の心臓のように穏やかに鼓動していた。私は穴蔵を端から端へと歩いた。腕を胸の上で組み、あちこち悠々と歩きまわった。警官はすっかり満足して、引き揚げようとした。私の心の歓喜は抑えきれないくらい強かった。私は、凱歌のつもりでたった一言でも言ってやり、また自分の潔白を彼らに確かな上にも確かにしてやりたくてたまらなかった。
「皆さん」と、とうとう私は、一行が階投をのぼりかけたときに、言った。「お疑いが晴れたことをわたしは嬉しく思います。皆さん方のご健康を祈り、それからも少し礼儀を重んぜられんことを望みます。ときに、皆さん、これは――これはなかなかよくできている家ですぜ」〔なにかをすらすら言いたいはげしい欲望を感じて、私は自分の口にしていることがほとんどわからなかった〕――「すてきによくできている家だと言っていいでしょうな。この壁は――お帰りですか? 皆さん――この壁はがんじょうにこしらえてありますよ」そう言って、ただ気違いじみた空威張りから、手にした杖で、ちょうど愛妻の死骸が内側に立っている部分の煉瓦細工を、強くたたいた。
 だが、神よ、魔王の牙より私を護りまた救いたまえ! 私の打った音の反響が鎮まるか鎮まらぬかに、その墓のなかから一つの声が私に答えたのであった! ――初めは、子供の啜り泣きのように、なにかで包まれたような、きれぎれな叫び声であったが、それから急に高まって、まったく異様な、人間のものではない、一つの長い、高い、連続した金切声となり、――地獄に墜ちてもだえ苦しむ者と、地獄に墜して喜ぶ悪魔との咽喉から一緒になって、ただ地獄からだけ聞えてくるものと思われるような、なかば恐怖の、なかば勝利の、号泣――慟哭するような悲鳴――となった。
 私自身の気持は語るも愚かである。気が遠くなって、私は反対の側の壁へとよろめいた。一瞬間、階段の上にいた一行は、極度の恐怖と畏懼とのために、じっと立ち止った。次の瞬間には、幾本かの逞しい腕が壁をせっせとくずしていた。壁はそっくり落ちた。もうひどく腐爛して血魂が固まりついている死骸が、そこにいた人々の眼前にすっくと立った。その頭の上に、赤い口を大きくあけ、爛々たる片眼を光らせて、あのいまわしい獣が坐っていた。そいつの奸策が私をおびきこんで人殺しをさせ、そいつのたてた声が私を絞刑吏に引渡したのだ。その怪物を私はその墓のなかへ塗りこめておいたのだった!




▼read more


烏猫

江戸時代から大正時代ぐらいまで、黒猫のことを烏猫と呼んでいたそうです。
野口雨情に『烏猫』と言うタイトルの童謡があります。

烏猫』(野口雨情

烏猫 烏猫
眼ばかり光る
烏猫

のろり のろり 歩いてる
ほんとに狡い
烏猫

矮鶏の雛 追つかけた
尻尾の長い
烏猫

厩の背戸に
昼寝しろ
ぐうぐうぐう昼寝しろ

火箸が ぐんにやり曲るほど
たたいてやるから
昼寝しろ。


今日は、エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)の『黒猫』の6回目です。
物語もいよいよ佳境に入ります。


黒猫』〔6〕

エドガー・アラン・ポー)〔佐々木直次郎訳〕


 ある日、妻はなにかの家の用事で、貧乏のために私たちが仕方なく住んでいた古い穴蔵のなかへ、私と一緒に降りてきた。猫もその急な階段を私のあとへついて降りてきたが、もう少しのことで私を真っ逆さまに突き落そうとしたので、私はかっと激怒した。怒りのあまり、これまで自分の手を止めていたあの子供らしい怖さも忘れて、斧を振り上げ、その動物をめがけて一撃に打ち下ろそうとした。それを自分の思ったとおりに打ち下ろしたなら、もちろん、猫は即座に死んでしまったろう。が、その一撃は妻の手でさえぎられた。この邪魔立てに悪鬼以上の憤怒に駆られて、私は妻につかまれている腕をひき放し、斧を彼女の脳天に打ちこんだ。彼女は呻き声もたてずに、その場で倒れて死んでしまった。
 この恐ろしい殺人をやってしまうと、私はすぐに、きわめて慎重に、死体を隠す仕事に取りかかった。昼でも夜でも、近所の人々の目にとまる恐れなしには、それを家から運び去ることができないということは、私にはわかっていた。いろいろの計画が心に浮んだ。あるときは死骸を細かく切って火で焼いてしまおうと考えた。またあるときには穴蔵の床にそれを埋める穴を掘ろうと決心した。さらにまた、庭の井戸のなかへ投げこもうかとも――商品のように箱のなかへ入れて普通やるように荷造りして、運搬人に家から持ち出させようかとも、考えてみた。最後に、これらのどれよりもずっといいと思われる工夫を考えついた。中世紀の僧侶たちが彼らの犠牲者を壁に塗りこんだと伝えられているように――それを穴蔵の壁に塗りこむことに決めたのだ。
 そういった目的にはその穴蔵はたいへん適していた。そこの壁はぞんざいにできていたし、近ごろ粗い漆喰を一面に塗られたばかりで、空気が湿っているためにその漆喰が固まっていないのだった。その上に、一方の壁には、穴蔵の他のところと同じようにしてある、見せかけだけの煙突か暖炉のためにできた、突き出た一カ所があった。ここの煉瓦を取りのけて、死骸を押しこみ、誰の目にもなに一つ怪しいことの見つからないように、前のとおりにすっかり壁を塗り潰すことは、造作なくできるにちがいない、と私は思った。
 そしてこの予想ははずれなかった。鉄梃を使って私はたやすく煉瓦を動かし、内側の壁に死体を注意深く寄せかけると、その位置に支えておきながら、大した苦もなく全体をもとのとおりに積み直した。できるかぎりの用心をして膠泥(モルタル)と、砂と、毛髪とを手に入れると、前のと区別のつけられない漆喰をこしらえ、それで新しい煉瓦細工の上をとても念入りに塗った。仕上げてしまうと、万事がうまくいったのに満足した。壁には手を加えたような様子が少しも見えなかった。床の上の屑はごく注意して拾い上げた。私は得意になってあたりを見まわして、こう独言を言った。――「さあ、これで少なくとも今度だけは己の骨折りも無駄じゃなかったぞ」
 次に私のやることは、かくまでの不幸の原因であったあの獣を捜すことであった。とうとう私はそれを殺してやろうと堅く決心していたからである。そのときそいつに出会うことができたなら、そいつの命はないに決っていた。が、そのずるい動物は私のさっきの怒りのはげしさにびっくりしたらしく、私がいまの気分でいるところへは姿を見せるのを控えているようであった。その厭でたまらない生きものがいなくなったために私の胸に生じた、深い、この上なく幸福な、安堵の感じは、記述することも、想像することもできないくらいである。猫はその夜じゅう姿をあらわさなかった。――で、そのために、あの猫を家へ連れてきて以来、少なくとも一晩だけは、私はぐっすりと安らかに眠った。そうだ、魂に人殺しの重荷を負いながらも眠ったのだ!




▼read more


三代目は黒猫

漱石の家の猫の初代は、『吾輩は猫である』の主人公のモデルとして有名ですが、三代目黒猫だったようです。

 ある人が私の家の猫を見て、「これは何代目の猫ですか」と訊いた時、私は何気なく「二代目です」と答えたが、あとで考えると、二代目はもう通り越して、その実三代目になっていた。
 初代は宿なしであったにかかわらず、ある意味からして、だいぶ有名になったが、それに引きかえて、二代目の生涯は、主人にさえ忘れられるくらい、短命だった。私は誰がそれをどこから貰って来たかよく知らない。しかし手の掌に載せれば載せられるような小さい恰好をして、彼がそこいら中這い廻っていた当時を、私はまだ記憶している。この可憐な動物は、ある朝家のものが床を揚げる時、誤って上から踏み殺してしまった。ぐうという声がしたので、蒲団の下に潜り込んでいる彼をすぐ引き出して、相当の手当をしたが、もう間に合わなかった。彼はそれから一日二日してついに死んでしまった。その後へ来たのがすなわち真黒な今の猫である。
 私はこの黒猫を可愛がっても憎がってもいない。猫の方でも宅中のそのそ歩き廻るだけで、別に私の傍へ寄りつこうという好意を現わした事がない。
〔『硝子戸の中 二十八』(夏目漱石)から〕


家じゅう私の行くところへどこへでも一緒に来』るプルートォ1回目参照)と違い、三代目は孤高を持している感じですね。

今日は、エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)の『黒猫』の5回目です。


黒猫』〔5〕

エドガー・アラン・ポー)〔佐々木直次郎訳〕


 この怖さは肉体的災害の怖さとは少し違っていた、――が、それでもそのほかにそれをなんと説明してよいか私にはわからない。私は告白するのが恥ずかしいくらいだが――そうだ、この重罪人の監房のなかにあってさえも、告白するのが恥ずかしいくらいだが――その動物が私の心に起させた恐怖の念は、実にくだらない一つの妄想のために強められていたのであった。その猫と前に殺した猫との唯一の眼に見える違いといえば、さっき話したあの白い毛の斑点なのだが、妻はその斑点のことで何度か私に注意していた。この斑点は、大きくはあったが、もとはたいへんぼんやりした形であったということを、読者は記憶せられるであろう。ところが、だんだんに――ほとんど眼につかないほどにゆっくりと、そして、長いあいだ私の理性はそれを気の迷いだとして否定しようとあせっていたのだが――それが、とうとう、まったくきっぱりした輪郭となった。それはいまや私が名を言うも身ぶるいするような物の格好になった。――そして、とりわけこのために、私はその怪物を嫌い、恐れ、できるなら思いきってやっつけてしまいたいと思ったのであるが、――それはいまや、恐ろしい――もの凄い物の――絞首台の――形になったのだ! ――おお、恐怖と罪悪との――苦悶と死との痛ましい恐ろしい刑具の形になったのだ!
 そしていまこそ私は実に単なる人間の惨めさ以上に惨めであった。一匹の畜生が――その仲間の奴を私は傲然と殺してやったのだ――一匹の畜生が私に――いと高き神の像に象って造られた人間である私に――かくも多くの堪えがたい苦痛を与えるとは! ああ! 昼も夜も私はもう安息の恩恵というものを知らなくなった! 昼間はかの動物がちょっとも私を一人にしておかなかった。夜には、私は言いようもなく恐ろしい夢から毎時間ぎょっとして目覚めると、そいつの熱い息が自分の顔にかかり、そのどっしりした重さが――私には払い落す力のない悪魔の化身が――いつもいつも私の心臓の上に圧しかかっているのだった!
 こういった呵責に押しつけられて、私のうちに少しばかり残っていた善も敗北してしまった。邪悪な考えが私の唯一の友となった、――もっとも暗黒な、もっとも邪悪な考えが。私のいつもの気むずかしい気質はますますつのって、あらゆる物やあらゆる人を憎むようになった。そして、いまでは幾度もとつぜんに起るおさえられぬ激怒の発作に盲目的に身をまかせたのだが、なんの苦情も言わない私の妻は、ああ! それを誰よりもいつもひどく受けながら、辛抱づよく我慢したのだった。





▼read more


kinkun

Author:kinkun
名古屋春栄会のホームページの管理人

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -